「スーツケース 修理 名古屋 キャスター タイヤ」タグアーカイブ

プラダのタイヤ修理・交換

プラダ・PRADA スーツケースのタイヤ修理・交換

東京都のH様ご依頼分。プラダ2輪キャスター修理が完成しました。

↑修理前:左タイヤがゴム全剥離です。右タイヤもひびが入ってます。

↓修理後:直立させたとき前側に倒れ加減だったので、直径の少し小さいタイヤに変更し垂直に立つようにしました。旋回が軽くなるように2連タイヤにしました。
走行音も少し減ります。

ノーブランド スーツケースのタイヤ修理

ノーブランド スーツケースのタイヤ修理

あま市のA様ご依頼分、ノーブランドスーツケー
スのタイヤ修理が完成しました。

↑ 修理後:標準タイヤと化粧シャフトでぴったり
      スッキリです。 
      修理前写真撮り忘れてます。(;^_^A 
↓ 修理後:立姿です。 

ヴィトンスーツケースの伸縮ハンドル修理

LOUIS VUITTON・ヴィトンスーツケースの伸縮ハンドル修理が完成しました

群馬県のK様ご依頼分、LOUIS VUITTON・ヴィトンスーツケースの伸縮ハンドル修理が完了しました。

↑修理前:収納状態から伸ばそうとしても右パイプが伸びません

↓修理中:初めて見る頑丈な取付方法です。しかも内部でストッパーの露出が全てカバーされてます。寄木細工のように手順を踏まないと外れませんが、しかし外してストッパーを露出させないと分解できないので悪戦苦闘しつつもなんとか外せました。

↓修理後:分解してストッパーを指で押しこめれば、伸縮出来て細かい部品に全分解可能になるはず。
でしたがここから分解できません。
何か隠された手順があるようです。とはいえこの段階で潤滑スプレーしたら伸縮可能になりました。
引っ掛かりが外れた感じです。 

Paul smith・ポールスミス スーツケースの2輪タイヤ修理

PAUL SMITH・ポールスミスのキャリーバッグ2輪タイヤ修理

半田市のS様ご依頼分、ポールスミススーツケースのタイヤ修理が完成しました。

↑修理前:左右ともタイヤのゴムが全部剥離しています。

↓修理後:同一のタイヤが在庫にありましたので、すんなり修理完了です。

↓正面立姿です: 英国の紳士ファッション老舗らしい  
         風格です

ART WELD・アートウェルドのタイヤ交換

ART WELD・アートウェルドのタイヤ交換

中村区のK様ご依頼分、ART WELD・アートウェルドタイヤ修理が完了しました

↑修理後:修理前の写真撮り忘れてます。悪い癖です。ミニーマウスの柄が可愛いです。

↓修理後:立姿です。

アメリカンツーリスター  スーツケースのタイヤ交換

AMERICAN TOURISTER スーツケースのタイヤ修理・交換

港区S様のご依頼、 AMERICAN TOURISTERスーツケースのタイヤ修理・交換が完成しました

↑修理前:左上のタイヤ以外はゴムが残っていません。左上もゴムの硬化でカチカチになっています。
その割に本体がきれいなのは機内持ち込みだからでしょうか

↓修理後:標準タイヤと化粧ねじでスッキリ納まりました。

壊れる使い方

壊れる使い方

ご注意ください。こんな使い方すると壊れます。

伸縮ハンドルのストッパーは小指の先くらいの華奢な部品です。
5kgのダンベルをチェーンで持ち上げたら、チェーンの一コマづつに5kgの重量がかかりますよね。
スーツケースを伸縮ハンドルで持ち上げると、ストッパーにもスーツケースの全重量がかかります。(2本ハンドルなら半分の重量)

持ち上げる時は絶対固定ハンドルで!

段違いの伸縮パイプ

下写真のような伸ばし方を時々見かけます。
よく見ると左側のストッパーしか出ていません。
右パイプは本体を引く力を全く負担していません。

路面の石や歩道の段差を乗り越えるためにわざと強く引いて段差に乗り上げる時、片方のストッパーだけがその衝撃を受け止めていたら当然壊れます。

伸ばす時は、一度最大長さに伸ばしてからお好みの長さに調整すると、左右ともストッパーが出た状態になります。

ゴルフバッグの修理

ゴルフバッグの修理

中川区のMさんご依頼分、ゴルフバッグのスナップボタン修理が完成しました。スーツケース以外でもスーツケースの修理技法が応用できる物はお引き受けします。

上部フードをケース本体に留めるスナップボタンが脱落紛失されてしまいました。
ディズニーカラーのレッドがご希望でこの色を探して部品店をハシゴしました。

PUJOLS・ピジョール 4輪交換

PUJOLS・ピジョール スーツケースの4輪修理

松阪市のS様ご依頼分、PUJOLS・ピジョール スーツケースの4輪タイヤ修理が完了しました。

↑修理前:左下のタイヤがゴム剥離しています。
    他の3輪もひび割れ、4輪とも交換です。

↓修理後:準標準タイヤと化粧シャフト、外観も
     スッキリ安定の仕上がりです

遠隔地から、名古屋に所要のついでにお立ち寄り、多忙でめったに来れないということで当日修理、すぐにお渡しできました。

ノーブランドのタイヤ修理

ノーブランドタイヤ修理

沖縄県から名古屋ご旅行中のI様ご依頼分、ノーブランドスーツケースのタイヤ修理が完成しました。

↑修理後:修理前の写真撮り忘れてます。(;^_^A
幅の狭いタイヤ、在庫しておいて良かったです。
化粧シャフトとグレーのタイヤがマッチしてます

ノーブランドのタイヤ修理

ノーブランドタイヤ修理

江南市のT様ご依頼分、ノーブランドスーツケースのタイヤ修理が完成しました。

↑修理前:左上タイヤがゴム剥離し、その他の3輪も硬化しています。

↓修理後:標準タイヤがドンピシャサイズで納まりました。

旅先で故障したら

旅先での故障と応急法

旅先で故障したら思い出してください
(スマホのブラウザにお気に入り登録しても、南極や高山、砂漠では見られませんよ)

旅先で故障したらパニックになりかねないですよね。
落ち着いて対処し、傷を深めないでご帰還下さい。
症状別の対処法をまとめてみました。
でもまずは現地背景で故障部位の写真を撮りましょう。
海外旅行なら大抵保険が使えます。

旅先でよくある故障と応急対処法
  ・キャスター・タイヤ (ひび割れ、ロック)
  ・伸縮ハンドル (伸縮動作不良)

タイヤ・キャスターが旅先故障したら-ダメージを拡げずに帰国する応急法

タイヤ・キャスターが旅先故障したら
ダメージを拡げずに帰国する応急法

修理のご依頼で一番多いのがタイヤ・キャスターです。帰宅までに無理をするとダメージが広がってしまいます。

故障パターン
パターン1 ゴム部分が細かく又は左右に割れる
パターン2 タイヤがロックして回転しない
パターン3 フォークが傾き、又はロックして回らない
 

パターン1の場合、多くは背面側が先に壊れます。壊れたまま無理に引きずるとダメージがフォークや本体まで広がります。
前面側タイヤ2個が無事なら逆に傾けて引けばダメージを拡げないで済みます。傾けすぎると路面の凹凸に本体などこすりやすいので気を付けてください。

上記の応急法が使えない場合も結構あります。
2輪タイプのスーツケースや前面背面両方でタイヤ破損などです。
この場合はホテルや空港などその場所で借りられるカートや台車を探しましょう。

飛行機を降りて預けたスーツケースを受け取った時に壊れていたら、
出来る限り航空会社のカウンターに行って保証の書類をもらいましょう。
ツアーなど時間が取れない場合は添乗員に相談ください。ほとんどの場合で何らかの保険が使えます。

BAM楽器ケースのファスナー修理

BAM・バム楽器ケースのファスナー修理

昭和区のS様ご依頼分、BAM・バム製トロンボーンケースのファスナー修理が完成しました。

↑修理前:片方のスライダーでは、とじる途中で閉じられないで開いてきてしまいます。同じ位置でも反対側スライダ―では正常に閉じます。
また閉じられない位置は毎回場所が変わります。
スライダ―の故障と判定しました。

↓修理後:スライダ―を新品に交換してワックスを塗るだけで甦ります。

伸縮ハンドルが旅先故障したら

伸縮ハンドルが旅先で故障したら

不便を減らし、ダメージを拡げずに旅先から帰還するための応急法をまとめました。

それ以前に壊れないように気を付けましょう。
スーツケースを持ち上げる時は固定ハンドルで持ち上げてください。伸縮ハンドルで持ち上げると壊れます。
以下で説明するストッパーは小指の先ほどの小さな華奢な部品です。本体と荷物の重量をかけると簡単に壊れます。

故障パターン
(1) 伸びたまま縮められない
(2) 縮んだまま伸ばせない
(3) 伸ばした位置で固定できず離すと縮む
(4) 収納位置で固定できず勝手に出てくる
(5) パイプが曲がった、折れた


故障パターン(1)と(2)はパイプ長さを固定するストッパーが出たまま引っ込まないのが原因です。
パイプから横に出ている金属の突起です。
これを指で押し込んでやると長さが変更できます。
押し込めない場合は内部で部品のカケラがはさまってます。寝かせたり逆さまにしてコンコン叩くと外れる事があります。

本体の中にもストッパーがあります。穴は上下に2か所開いててストッパーはどちらかに出てます。
伸ばしてる時は上、収納時は下です。
パイプの裏側に隠れている場合もあります。
これも押し込んでやると動かないパイプが動きます。

最近のスーツケースはほとんどがファスナー式です。縦又は横に直線のファスナーが多いですが、時々外周ぐるりのタイプもあります。
古いスーツケースで内袋が糊貼りしてあるものもあります。布地の上から触ってストッパーを探します。





故障パターン(3)(4)の場合

故障パターン(3)、(4)の場合は出るべき位置でストッパーが出てこない故障です。旅先の応急処置はガムテープで固定するのが簡便です。
耳を付けておくと位置替えもスムーズです。
航空機搭乗の際は収納して固定しないとぽっきり折られてしまいます。




故障パターン(5)では

旅先でパイプが折れてしった場合は吊り下げハンドル(上の写真で薄茶色の固定ハンドル)にひもかベルトをつけて傾けるぐらいしか手がありません。
折れちゃったパイプも持ち帰ると修理に使えるかもしれません

SUNCOの伸縮ハンドル修理

SUNCO・サンコーの伸縮ハンドル修理

知多市のT様ご依頼分、SUNCO・サンコースーツケースの伸縮ハンドル修理が完了しました。

このところ伸縮ハンドルの修理ご依頼が増えています。先週だけで4台立て続けです。

↑修理後:修理前も外観は変わりません、グリップ取り付け部のねじが緩んでただけです。とはいえ特殊な形状のねじ穴です。
また締め直しただけではまたすぐ緩むので4本すべてをねじ用の接着剤(ドライバーで回せば緩むけれど、振動で緩むことはない)を塗ってから締め直します。

CAGGIONIの伸縮ハンドル修理

CAGGIONIの伸縮ハンドル修理

東京都のA様ご依頼分CAGGIONI・カジオニスーツケースの伸縮ハンドル修理が完成しました

DSC_1077

↑修理前:伸縮ハンドルがもげてしまった写真が東京からメールで届いてご相談の始まりでした。
現品を見れば早いのですが、送料をかけてお送りいただいて、治せませんでは困ります。
そのため何度かメールのやり取りをして、ほぼ直せそうだと感触を得てからお送りいただきました。
長さを固定する部品が粉々になっており、ユニット交換か新ユニットから部品流用しかなさそうです。
置き換えできそうなシングルパイプハンドルが見つかったのでお引き受けできました。

↓修理中:新旧のパイプを並べて寸法の再確認です。
    パイプ太さが微妙に違い部品流用不能です
    収納時の長さが長いので要切断です。
    中間位置で固定する穴がありません。
    黒と銀、色が反対になってます。

↓修理後:最初のメールから1カ月で直せました。
     熱烈な阪神タイガースファンのお客様です。

Escape’sの伸縮ハンドル修理

Escape’s・エスケープの伸縮ハンドル修理

知多市のT様ご依頼分、Escape’sスーツケースの伸縮ハンドル修理が完了しました。

このところ伸縮ハンドルの修理ご依頼が増えています。先週だけで4台立て続けです。

↑修理後:修理前も外観は変わりません、グリップ取り付け部のねじ穴が広がって抜けそうになっていましたが
貫通タイプのボルト&ナットに交換、ゆるみ止めもしちゃいました

ロンシャンのタイヤ交換

ロンシャンの2輪タイヤ交換

愛西市の Y 様ご依頼分、ロンシャンの2輪タイヤ交換が完成しました。

↑修理前:左タイヤはゴムが全剥離、右も硬化が進んでいます。

↓修理後:少し大きめのタイヤでしたが、運よく手持ちがありました。

アメリカンツーリスター スーツケースのハンドルとへこみの修理

アメリカンツーリスター スーツケースのハンドルとへこみ修理

イタリア在住の日本人Y様よりご依頼分AMERICAN TOURISTERスーツケースのハンドル修理とボディへこみ修理が完了しました。

↑修理前:イタリア到着時にこんなになってしまったそうです。ヨーロッパの空港でも結構乱暴に扱う空港があるんですね

↓修理後:へこみは直りました。しかしポリプロピレンは塗装出来ないので白い筋が残りました。
ハンドルも純正色は手に入らず、そのため同型の黒で交換しました

海外からでも日本語で検索すると当店が出てくるんですね。インターネットってありがたい。

ART WELDのキャスター交換

ART WELD・アートウェルドのタイヤ交換

東員町のM様ご依頼分、ART WELD・アートウェルドタイヤ交換が完了しました

↑↓修理後:修理前写真撮り忘れてます。(;^_^A
ディズニー柄の得意なアートウェルドです。

ACEの双輪キャスタータイヤ交換

ACE双輪キャスタータイヤ交換

刈谷市のN様ご依頼分、ACEスーツケースの双輪キャスターのタイヤ交換が完了しました。

↑修理後:修理前の写真撮り忘れてます。(;^_^A
キャスター1個だけの交換です。幸いタイヤ径が全く同じでしたので、1個だけの交換で済みました。
右下が新しくつけたタイヤ、他のタイヤは傷んでなくて替えずに済みました。

ACEの双輪キャスター修理

ACEの双輪キャスター修理

一宮市のH様ご依頼分ACEスーツケースの双輪キャスター修理が完成しました

↑修理後: 修理前写真撮り忘れてます (;^_^A
元々双輪キャスターが付いていましたが、タイヤのみの交換ができないタイプで旋回部から交換です。

PUJOLS・ピジョール4輪交換

PUJOLS・ピジョール4輪交換

埼玉県のM様ご依頼分、PUJOLS・ピジョールの4輪タイヤ交換が完了しました。

↑修理前:右下のタイヤがゴム剥離しています。
    他の3輪も硬化して、4輪とも交換です。

↓修理後:標準タイヤと化粧シャフト、外観も
     スッキリ安定の仕上がりです

ノーブランドのタイヤ修理

ノーブランドのタイヤ修理

昭和区K様よりご依頼、ノーブランドスーツケースのタイヤ修理が完成しました。

↑修理前:上側車輪が2個、ゴム全剥離です。下側もゴムが硬化して剥離寸前です。

↓修理後:4輪とも新タイヤに交換です。タイヤ寸法もぴったり、化粧シャフトでスッキリ納まりました

Lucasの4輪交換と伸縮ハンドル

Lucasの4輪交換と伸縮ハンドルの調整

米国在住のO様ご依頼分、Lucasの4輪交換と伸縮ハンドルの調整が完了しました。
所用で東京ご滞在中でしたが、名古屋へ来る用事もあったので、米国で不調を感じてたお気に入りスーツケースをご持参だそうです。
過去最高の遠隔地からのご依頼です。

↑修理前: 右下タイヤが左右二つに割れてリング状に外れています。他のタイヤも硬化が進んで替え時です。
そして、伸縮ハンドルを延ばした際、ぐらつきが大きく使いにくいのを対策して欲しいとのご要望です。

↓修理後:珍しく幅の狭い40mmタイヤでしたが、在庫タイヤの幅を削ってピッタシ。いつものように化粧ねじで取り付け完成です。

↓修理中・後:最初は全交換も考えましたが、外して分解したら部品の破損は無く、ただはめあわせ部分の隙間が大きいので補修に切り替えました。
伸縮のスライドでこすれ合う部分以外で隙間がありますので製造時からのぐらつきかもしれません。

外観は修理前と変わり映えしません (;^_^A

ACEのタイヤ修理

ACEのタイヤ修理

港区のW様ご依頼、ACE Tabiのタイヤ修理が完了しました。

↑修理前:4輪ともすっかりゴムが取れています。
キャメルカラーのボディに茶色の皮ベルト、ACEらしいデザインです

↓修理後:当社標準のタイヤに化粧シャフト、
最も多く得意な修理パターンです。

Tabiという製品ブランド初めて目にしましたが中を開いて見るとACEの製造です。でもACEの公式HPには出てきません。限定品かな?

DAKSの2輪キャスター修理

DAKS2輪キャスター修理

日進市のT様ご依頼分、DAKS・ダックスの2輪タイヤ修理が完成しました。

↑修理前: 左はゴムが全剥離、右はホイールまで
半分近く削れてます!  (;^_^A
英国王室御用達の老舗メーカーでした(゚д゚)!

↓修理後: オリジナルと同寸のタイヤが入手でき
ました。

SWANY・スワニーのハンドル交換

SWANY・スワニーのハンドル交換

中川区のS様ご依頼分、SWANY・スワニーのハンドル交換が完成しました

↑修理前:見た目は割れていませんが、持ち上げてみるとひび割れがぱっくり開きます。一部のタイヤゴムと同じように経年劣化?でべとついています。

↓修理中:側面ハンドルを先に交換しました。元々ついてたハンドルも入手可能でしたが、お急ぎなので在庫のハンドルに。元のハンドルが埋め込みタイプでボディに大きな穴が開いており、これに対策するのが知恵の絞りどころ、内側と外側に当て板を取り付けました

↓修理後:当て板で穴を隠して全く違和感なく
     仕上がりました

サムソナイトのキャスター修理

サムソナイトの4輪キャスター修理

守山区のS様ご依頼分、SAMSONITE・サムソナイトの4輪キャスター修理(タイヤ交換)が完了しました。

↑修理前:ロックしたまま引いてしまったと推測、タイヤ1個が激しく削れています。他のタイヤも硬化しており4輪交換となりました。

↓修理後:細幅のタイヤはグレーのタイヤになります。
化粧シャフトでキャップも元通りに復元しました。

SUNCOのキャスター修理

SUNCO・サンコーの4輪キャスター修理

一宮市のK様ご依頼分、SUNCO・サンコーの4輪キャスター修理(タイヤ交換)が完成しました。

↑修理後: 修理前の写真撮り忘れています(;^_^A
かなり古い物ですがきれいに丁寧に使っておられます。
この時代の特徴として金属フォーク(軸支え部)と固定の後輪。
メーカーを問わず、この形式が流行った時期があったのでしょうか。
↓修理後: 立ち姿です。

ゼロハリのキャスター修理

ゼロハリ バートンのキャスター修理

水都 大垣市のK様ご依頼分、ZERO HALLIBURTON・ゼロハリバートンのキャスター修理が完成しました。

↑修理前:右側のタイヤが剥離し始めて、ホィールが見えてきています。左も硬化して剥離寸前です。

↓修理後:接地面が扁平なタイヤについてきたベアリングを上級グレードの滑らかベアリングにはめ替えました。

20年前に海外赴任先で買われたという歴戦のつわものです。まだまだ働けます。

Manhattan EXP

Manhattan Exp・マンハッタン エキスプレスの単輪→双輪交換

北名古屋市の I 様ご依頼分、Manhattan Exp・マンハッタンエクスプレスの単輪→ 双輪交換 が完成しました

↑修理前:キャスターの一個がタイヤロックして半月状に削れています。摩擦熱でフォーク(旋回部)と溶け合って固着しています。

フォークから交換せざるを得ません、最低2個で可能ですが4個とも双輪キャスターへの交換ご依頼です。

↓修理後:黒いボディの双輪キャスターが違和感なく取りつきました

Skipioの4輪タイヤ交換

Skipio・スキピオの4輪タイヤ交換

中川区のK様ご依頼分、Skipio・スキピオスーツケースの4輪タイヤ修理が完成しました。

↑修理前: 左下以外の3輪がゴム全部剥離。
     左下もゴムが硬化して寿命間近です。 

↓修理後: 手持ちの50mmタイヤをぴったり幅に  
      加工して組み付けました
      化粧シャフトもぴったりサイズです。

アメリカンツーリスター スーツケースのタイヤ交換

アメリカンツーリスター スーツケースのタイヤ修理・交換

四日市市H様のご依頼、American tourister スーツケースのタイヤ修理・交換が完成しました

↑修理前: 全体的に傷が無く、丁寧に扱われていますが、左側上下のタイヤはゴム剥離、右側も硬化していて替え時です。

↓修理後: 在庫している細幅タイヤがすっぽりはまりました

PUJOLS・ピジョール スーツケースのタイヤ修理

PUJOLS・ピジョール スーツケースの4輪修理

あま市の I 様ご依頼分、PUJOLS・ピジョール スーツケースの4輪タイヤ修理が完了しました。

↑修理中: タイヤを4個外したところです。下側2個がゴム剥離していました。

↓修理後:準標準タイヤと普通シャフト、当店が最初に採用した修理法です。

COACHの2輪タイヤ交換

COACHの2輪タイヤ交

中村区のN様ご依頼分COACH・コーチスーツケースの2輪タイヤ交換が完成しました

↑修理前:左右ともゴムタイヤがきれいにはがれていま     す。
そして右ホイールが半月状にすり減っています。
ロックしたまま引いてしまったそうです。

↓修理後:オリジナルと同じタイヤを入手し、ベアリングを上級グレードの物と交換して組付けました。

ベアリングの交換は熟練を要する作業です。初心者がやるとかえって回転が固くなります。

アメリカンツーリスターのキャスター交換

アメリカンツーリスターのキャスター修理・交換

西区のS様のご依頼、American touristerのキャスター修理・交換が完成しました

↑修理前:左上のタイヤがロックしたまま引きずったようです。半月型に削れて旋回部(フォーク)まで削れて車軸が傾いています。フォーク交換でしか機能回復できません。2個交換しました。
足元にあるのはジャンク箱の中古フォーク、どれも寸法不適でした。

↓修理後:背面側2個を交換しました。

heys internationalのファスナー修理

名古屋市のI様よりご依頼のhey’s internationalのファスナー修理が完成しました。

修理前 上が爪の折れた容量調節ファスナー、つまみが無いので動かすのが一苦労です。下のピンクのつまみが付いたのは在庫していたファスナーのスライダー 並べてみましたがサイズが一回り違います。

修理後 左が交換後の容量調節ファスナー 右がオリジナルのメインファスナー
テープの縫製を部分的にほどいて、スライダーの入れ替え後縫い直しました。