「プチリフォーム」カテゴリーアーカイブ

窓の断熱化で暖かい冬

暖かく冬を過ごしたいと、窓の断熱化工事をご依頼いただきました。

当店の施工方法はポリカのプラダンを窓ガラスに貼りつける工法です。当店独自に開発した、他ではされてない工法です。

写真はいずれも半分貼った時点の撮影、ビフォーアフターが並んで見えます。

窓の内側にもう一組窓枠を作って窓が2枚あるスタイルがちょっと前にはやりましたが、当店のは2重ガラス方式と同じ使い勝手で1枚の窓枠に2枚の板が組み込まれます。2重ガラスが空気層1枚なのに対し、当店のはプラダンを浮かせて貼りつけるため、空気層が2枚になり、2重ガラスよりも断熱効果が高くなります。

欠点は見通しが悪くなることです。形ガラスのように中からも外からも物の形がぼやけて見えます。
景観の良いおうちではプラダンで戸を別に作って、景観を楽しむときはプラダンだけ開放するといいかもしれません。

灯油代とか電気代とかまだ実績になっていませんが、
まず結露がまったくなくなった。
体感ではすごく暖かくなったとのおほめをいただきました。

最近はやりのガラス2重窓化の工事に比べて、1/3ぐらいの費用でしかも当日完成できるのも魅力の一つです。

シャワートイレの取り付け

シャワートイレの付けご依頼です。蛇口やシャワー・混合水栓は何度も交換していますが、ウォシュレットは初めてです。
メーカーの取説を丹念に読んでみるとDIY初心者でもできるように実に丁寧に記載されてます。
必要な部品も漏らさず付属してます。

現場で再度読み返しながらやりましたが、短時間でやり直しとか一切せずにできました。
トイレ室内にアース付きのコンセントがあればだれでもできるでしょう。もちろん当店でもお引き受けします。
今回安く仕入れるルートも見つけたので、最安機種で機器+標準取付まで含めて2万円で施工できます。(中川区内)

便器全体の交換や和式から洋式への交換工事もお引き受けします。

 

冬に備えて、断熱化の工夫

当店の店舗は以前は洋服屋でした、現在は事務所と作業場半々に使ってますが、一体の部屋なので一人でいても空調費がばかになりません。間仕切りのカーテンをつけようと検討していてひらめきました。 断熱素材で間仕切りを作ろう!!!

kimg0007

薄くて軽くて、透明な断熱素材として、ポリカ-ボネート製のプラスチック段ボールがありました。
太陽熱温水器に数年前取り付けて、耐久性や保温能力の実力は確認済みです。

上の写真はプラダンカーテンを開いたところ、下は閉じたところkimg0005

ポリカーボネートのプラダンはちょっと値が張るものの断熱効果抜群です、カーテンのように吊ってみました。
幅を4~50センチに切り分け、透明なタイプと型ガラスのような目隠しタイプを混ぜて使ってみましたが、店内では型ガラスタイプにした意味はありませんでした。( ゚Д゚)
でも断熱効果はバッチリ、明らかに体感温度が違います。

これ、窓ガラスに貼ったら簡単に3重窓にできますね、
世の中で普通の2重ガラスはガラス板2枚で間の空気層1枚で断熱しています。ガラスは熱を通しやすいので、保温に寄与しているのは空気層1枚だけですが、プラダンの場合はそれ自体が中空構造になるのに加え、取付か他の工夫でプラダンとガラスの間にもう一層空気層がつくれます。

おまけに軽いので既存のガラス窓に直接取り付け可能で、軽量安価に施工できます。

3重断熱になってガラス2重窓より保温・保冷効果は高いはず!
冬の暖房も夏の冷房もだいぶ節約できそうです。
売値で計算してみるとガラス2重窓の約3分の1の値段になりました。

あえてデメリットを探すと、庭や外の景色が見えにくくなります。

kimg0016

店舗入り口にサンプルを取り付けて、宣伝開始です。

 

不親切な公営住宅

ご近所にある市営のアパートですが、壁にくぎ打ちなど一切不可だそうです。
玄関わきの物置内も同じですが、壁に棚受けがあるわけでなく、電話ボックスのような狭い空間ですが完全にデッドスペースに、、、、
おまけに照明もない。なんて不親切なんだろう。
おかげで当店の出番なので、ありがたいと言ったら怒られそうですが。

kimg0147

パイプラックで4方に柱を立て、棚を組み立てました。
ドアの中での組立は腰が痛いぞぉ

灯油缶が6缶、他に段ボールなどをしまうスペースも
手前の箱はストーブの灯油タンクを載せる台です。
灯油缶自体も低い棚段に乗せて、これでかがまないで給油できます。
タンク台は高さが3種類選べる仕組みになってて、灯油缶の残量に応じ使い分け、万一灯油があふれてもポリ箱が受け止めます。

ダイニングテーブルの天板再塗装

ダイニングテーブルは毎日使うものだけに傷みが目立ちますよね。
我が家のは約 30年使ったものですが、家具メーカーに再塗装を頼むと10万円以上かかるそうです。

毎朝オーブントースターを使うとき置いてた場所がひび割れたので、
自分で塗りなおすと決心してからずっと耐熱塗料を探してましたが、
今年ようやくアサヒペンから発売されました。100度までなんですけどね。
塗り直しの決行です。

%e3%81%b2%e3%81%b3%e5%89%b2%e3%82%8c

%e6%b1%9a%e3%82%8c

まずは天板の上面を電動サンダーで念入りに磨きます。
裏面はマジックリンだけできれいになりました
%e7%a3%a8%e3%81%8d

艶が戻ってピカピカになりました。
tcimg0946

ひび割れも目立たなくなりました。cimg0971

 

湯上りマットを干すスタンド

調理テーブルをご依頼のお客様より追加のご依頼です。
湯上りに足を拭く湯上りマット、干すためのスタンドです。
これもステンレスパイプで作りました。

けっこう重いので粘着式のタオル掛は落ちちゃいます。
洗濯機の脇のスペースに干せるスタンドを作りました。
排水ホースの上に金属ネットの棚をつけて、バケツなどもおけるようにしました。

KIMG0635  KIMG0631

調理テーブル

キッチンに置く調理用テーブルの製作をご依頼いただき、ステンレスパイプで骨格を作りました。天板はメラミン化粧板です。

我が家もそうですがシンクの横の調理スペースだけでは狭すぎます。
冷蔵庫が高く大きくなって、電子レンジを乗せられない、炊飯器やオーブントースターなどカサの張る器具が増えてきた、、、原因はいくつもありますが、空間をうまく使わないと、、、

衛生面、熱、湿気、使い勝手、腰痛、、、、なんだかんだで、
結局オーダーメイドになりますね。
納品前の組立状態です。下に見える台車状のものはゴミ入れ用台車
キャプチャ

据付時の調整、ゴミ入れの傾斜を少しきつくしました。

CIMG0579

5日後再調整です。奥の下側の棚を下げて食器ケースが入る高さにし、米びつの高さを持ち上げて、、、
いくらでも調節や改造ができるのがパイプのいいところ。
レンジの上の壁面に個別スィッチ付の4口コンセントを増設しました。

KIMG0628