「キャスター交換・修理」カテゴリーアーカイブ

キャスター交換、

タイヤの車軸を支える部分をフォークと呼びます。
タイヤの次に壊れやすい部品です。


以前はフォークが壊れると台座からの交換を検討しましたが、
台座はメーカーや機種によって百種類を超える形状や寸法違いが存在し、市販されている約30種類の台座付きキャスターでお客様のスーツケースに適合するものはなかなか探しあてられません。
そこで台座はそのままでフォークとタイヤをセットで交換する施工法を新たに作り上げ、キャスター交換と呼んでいます。

フォークを頑丈な金属製に交換

左がタイヤだけの従来工法で中央のようにフォークが壊れるとお手上げでしたが、右が新工法です。

標準料金表
料金表は一か所にまとめました。

双輪キャスター

キャスター交換の際、双輪キャスターに交換するのもアリです。
機種によってはできない物もあります。

4個のキャスターにそれぞれタイヤが2個づつ

ノーブランドのキャスター修理

中村区U様ご依頼分、ノーブランドスーツケースのキャスター修理・交換が完成しました

修理前:タイヤを支えて旋回する二股の部品をフォークと呼びます。タイヤがロックしちゃったまま引きずるとフォークまで削れて修理不能(交換)になります。
逆側に傾けて帰国いただくとダメージが少なく、タイヤだけの交換で済みます。

修理後:伸縮ハンドル側のキャスター2個をフォーク交換をいたしました。

BLACK Sealのキャスター修理

瑞浪市のK様ご依頼、Black Sealのキャスター修理・交換が完成しました

修理前:タイヤが2つに割れてホィールから外れています。下に見えるタイヤもひびが入って、4個とも双輪キャスターへの交換をご希望です。
台座が初めて見る薄いタイプで、難修理です。

修理後:大型のスーツケースなので通常使うよりサイズアップした双輪キャスターを使用しました。

RIMOWA・リモワのキャスター交換

春日井市S様ご依頼分のリモワスーツケースのキャスター交換が完成しました

修理前 上2個が双輪の自在キャスター、下2個が固定キャスターです上の2個がタイヤ4個ともゴムが全部はがれています。

ゴムが劣化崩壊して底面を地面にこするような状態でした
修理後の完成写真を撮り忘れています。(;^_^A
上写真の双輪キャスターと交換取り付けました。
偶然ですが、ほぼ同時期に四日市市のO様より同じ機種の同じ故障の修理依頼を承りました。

KROEUSスーツケースのキャスター交換

緑区B様よりのご依頼、 クロース・KROEUSスーツケースのキャスター交換が完成しました

修理後  メーカー純正のキャスターユニットご持参で、交換を当店にご依頼です。上の2個だけ交換しました。

ACEプロテカのキャスター交換

東京都から出張でお見えのK様ご依頼、ACEプロテカの4輪キャスター修理・交換が完成しました。

エースの人気モデル、プロテカです。
修理後 修理前写真撮り忘れてますが2個はフォーク(旋回部分)が変形して要交換でした。残った2個もタイヤが寿命近かったので思い切って4輪ともキャスター交換いたしました。

ノーブランドのキャスター交換

名古屋市のT様よりご依頼のノーブランドスーツケースのキャスター交換が完了しました。双輪キャスターへの交換です。

双輪キャスターに4個とも交換しました。
ブランド品じゃありませんが、海外赴任先でプレゼントされた大事なスーツケースです。

サムソナイトのキャスター交換

四日市市のI様ご依頼のサムソナイトキャスター交換が完成しました

修理後 立ち姿 時々ご依頼がありますヨーロッパ製のサムソナイトです
修理後 寝姿 右側と左側でタイヤの直径が違っていました。
    同じようにサイズ大小の双輪キャスターに交換しました
修理後 外した古いキャスター(なぜか日本製)と交代の記念写真

CARLTONのキャスター交換

中川区 K様よりご依頼のCARLTONスーツケースのキャスター交換・修理が完成しました

修理後 全景  イギリス製をドバイで購入されたそうです。
修理後  手前は壊れたキャスター

ACEプロテカのキャスター修理・交換

稲沢市・G様よりご依頼、ACEプロテカのキャスター交換が完成しました。

修理後 双輪キャスターを搭載したタイプ。日本メーカーの双輪キャスターに交換しました。またもや修理前の写真撮り忘れています。

ケネス コールのタイヤ修理・交換

名古屋市のA様ご依頼のケネスコールスーツケースのタイヤ修理・交換が完成しました。

修理前 伸縮ハンドル側の2輪が円錐状に片べりしています。
修理後 幸い旋回部(フォーク)にダメージが少なくタイヤと車軸だけの交換で完成しました。
修理後 前面タイヤも少し円錐状になっていたので交換しました

軽傷から重症に移行する寸前の危ないところで当店へ到着しました。走行でタイヤが横方向へ押し付けられる状態で走行させると旋回部の内側に押し付けられ、摩擦熱で旋回部も溶けてしまいキャスター交換になります。

参考事例 左側旋回部が壊れた例、右側正常な物。旋回部が壊れて代用交換すると高さが何ミリか変わるため、隣の正常な物も交換せざるを得ません。外観を気にすると4個交換になります。

背面側タイヤに異常が出た場合、傾きを逆にして前面側のタイヤで帰国下さい。壊れたタイヤを無理に引きずると旋回部まで壊れてしまい修理が大掛かりに(高価に)なります。
電車などで当店へ持ち込みの場合最寄り駅まで送迎しますのでご連絡ください。