窓の断熱化で暖かい冬

暖かく冬を過ごしたいと、窓の断熱化工事をご依頼いただきました。

当店の施工方法はポリカのプラダンを窓ガラスに貼りつける工法です。当店独自に開発した、他ではされてない工法です。

写真はいずれも半分貼った時点の撮影、ビフォーアフターが並んで見えます。

窓の内側にもう一組窓枠を作って窓が2枚あるスタイルがちょっと前にはやりましたが、当店のは2重ガラス方式と同じ使い勝手で1枚の窓枠に2枚の板が組み込まれます。2重ガラスが空気層1枚なのに対し、当店のはプラダンを浮かせて貼りつけるため、空気層が2枚になり、2重ガラスよりも断熱効果が高くなります。

欠点は見通しが悪くなることです。形ガラスのように中からも外からも物の形がぼやけて見えます。
景観の良いおうちではプラダンで戸を別に作って、景観を楽しむときはプラダンだけ開放するといいかもしれません。

灯油代とか電気代とかまだ実績になっていませんが、
まず結露がまったくなくなった。
体感ではすごく暖かくなったとのおほめをいただきました。

最近はやりのガラス2重窓化の工事に比べて、1/3ぐらいの費用でしかも当日完成できるのも魅力の一つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です